トップ 日本救急医学会 ICLS サイトマップ ログイン
インフォメーション

旧制度でのインストラクター申請受付終了のお知らせ

関係各位

日本救急医学会
ICLSコース企画運営委員会
委員長 小倉 真治
担当委員 世良 俊樹
田口 博一

旧制度でのインストラクター申請受付終了のお知らせ

日頃よりICLSコースにご支援を賜り、まことにありがとうございます。
2014年3月31日をもって、旧制度(旧認定基準)でのインストラクター申請受付が終了となりました。
新たにインストラクター申請をされる皆様は、新制度での認定基準満たしていただく必要がございます。
つきましては、新制度での認定基準を、改めてご確認いただくようお願い申し上げます。

【新制度での認定基準】

以下の基準のすべてを満たした者は、ICLSインストラクターの認定申請ができる。

  • 1) ICLSアシスタントインストラクターとして日本救急医学会認定ICLSコースの「BLS」 「モニター」 「気道管理」を各1回以上指導経験をした者
  • 2) 日本救急医学会認定のICLS指導者養成ワークショップ(または日本循環器学会、AHA(ACLS, BLS, その他)、ISLS、PSLS、JPTEC、ITLS、JATEC、JMECC 等のインストラクターコースも代替可)に参加し、指導法を身に付けた者
  • 3) 指導者としてコースに参加後、コースディレクターからの推薦をもらえる者。(申請時に必要なコースディレクター認定番号が必要となるため確認すること)

※ なお、1コース内にて基準 1)の内容(「BLS」「モニター」「気道管理」)を全て指導したとしても、指導経験としては、いずれかを1回とする。

このページのTOPへ