トップ 日本救急医学会 ICLS サイトマップ ログイン
インフォメーション

<日本救急医学会認定ICLSディレクターの皆様>

日本救急医学会 ICLSコース企画運営 委員会
委員長 小倉真治
担当委員 世良俊樹

平素より、ICLSコースの運営にご理解、ご協力頂き誠にありがとうございます。
日本救急医学会ICLS企画運営委員会より、以下につきましてご連絡申し上げます。

ご報告:コース申請時における指導ガイドライン明記について
〜システムにて入力必須項目となりました〜

ご存知の通り、2015年10月16日に日本蘇生協議会(JRC)から、「JRC蘇生ガイドライン2015オンライン版」が公表されました(JRCホームページからDL可)。 当委員会としましては、指導指針(医療従事者向け)が作成された後に、「ICLSコースガイドブック」を改定出版予定で現在ワーキンググループが立ち上がっております。

徐々に指導内容が新ガイドラインに準じて行われておりますが、ガイドライン別のコース開催数について把握させて頂くことが委員会にて決定され、現在はコース申請時にコース名に年を付記をして頂いておりました(2015/10/26ディレクターメールにて一斉通知済み)。

このたび、システム上で、コース申請時の必須項目として、
 「コース種別」の横に「ガイドラインの年版入力項目」が追加
されましたことを御報告申し上げます。

現状では、「2010」あるいは「2015」を御入力頂くことになるかと存じますが、入力数字がガイドラインと異なる場合は問い合わせあるいは認定保留をさせて頂く可能性もございますのでご了承ください。

なお、これまでコース名に付記頂きましたガイドライン年版につきましては、今後は不要となります(入力頂いても構いません)。 今までのご協力に改めて深く感謝申し上げます。

注:
 ・現在のところ、G2010だからといってコース認定がされない訳ではございません。
 ・一部G2015を取り入れた場合など、どちらか判断が難しい場合は、ディレクターご自身の判断で構いません。
 ・指導者養成講習会(WS)は除き、BLSにおきましては該当致します。

以上、ご理解ご協力の程、よろしくお願い致します。

【この件に関するお問い合わせ先】
 ICLS運用部 メールアドレス:icls-info@icls-web.com

このページのTOPへ