トップ 日本救急医学会 ICLS サイトマップ ログイン
指導者養成ワークショップ ワークショップ概要

日本救急医学会ICLS指導者養成ワークショップ「認定制度」について

 本学会では医師卒後臨床研修の必修項目として明記されている二次救命処置を習得するために、学習目標を「突然の心停止に対して最初の10分間の適切なチーム蘇生を習得する」として「ACLS基礎(ICLS)コース」を設定しました。2002年10月から各地でコースを主催し、2004年4月からはコース認定基準を設けて、コースの認定申請受付および学会認定作業を行っております。
 またこれと並行して、各地域、各施設でコースを指導する指導者の養成が急務と考え、「ACLS基礎(ICLS)コース指導者養成ワークショップ」を主催してきました。各地での開催を重ねた後、2005年3月からは指導者養成ワークショップについても認定制度を開始しました。2009年4月からは本システム上でweb申請ができるようになっております。認定条件については下記に示す通りです。
 ワークショップのプログラム・内容については、各地でそれぞれの工夫も行われていることから、必ずしも画一的な内容に限るものではなく、内容については一緒に検討させていただきます。またこれまでと同様、各地からのご希望があれば委員会主催の指導者養成ワークショップも開催いたしますので、ご希望のある方は、各地区担当委員までご連絡下さい。
 なお、「ICLS」の名称が広く認知されるに至ったことから、2005年2月の本学会理事会において、「ACLS基礎(ICLS)コース」を「ICLSコース」と呼称することを決定いたしました。今後は「ICLSコース」と表記させていただきます。

ICLS指導者養成ワークショップ認定条件

  1. ICLSコースで用いられる代表的な指導法を盛り込んだコース設定であること。
  2. 指導法を習得するためのロールプレイステーションがあること。
  3. ロールプレイステーションに必要なスキルを習得するためのスキルステーションがあること。
  4. 各実技ステーションの受講生は1グループ8名以内であること。
  5. 認定ワークショップディレクターが開催ディレクターとなり、ワークショップの質を保証する。
  6. 各ブースに1名以上のICLS認定インストラクター、および1名以上の指導者養成ワークショップ指導経験者がおり、各ブースの質を保証する。

※コース申請時には受講生の公募枠を設けることが望ましい。
※ICLS指導者養成ワークショップでは、使用するテキストは問わない。

このページのTOPへ