トップ 日本救急医学会 ICLS サイトマップ ログイン
BLSコース コースの概要

コースの概要

序文

現在、心肺蘇生の講習会として医療従事者向けの公式コースはAHA(アメリカ心臓病協会)のコースがあるものの、[日本版ガイドライン]=JRC(日本蘇生協議会)の内容に準じた内容のコースはありません。
医療従事者はその専門的知識や現場実践の経験を基としたコースで学ぶことは効果的だと考えますし医療安全の見地からもBLS講習会の受講が必要だと思われます。
そのような背景に加えて日本救急医学会ICLSコース企画運営委員会では以下の目的にてBLSコースを開発しました。

①日本版ガイドラインの内容」でのBLSの講習会に対して日本救急医学会にて認定を行うことにより正確な内容のBLS講習会を広め臨床および教育に寄与する。

②「日本救急医学会認定BLSコース」をICLSの前段階コースと扱う事を可能とすることにより、ICLSコースの受講生の増加およびコース開催での質の向上および時間短縮につなげる。

日本救急医学会BLSコースは、ICLSコース同様、ICLS認定ディレクターはコース申請が可能であります。
またICLS認定インストラクターがBLS認定インストラクターとして指導可能となります。
多くの方に受講・指導していただき今後の心肺蘇生の普及に御活用いただけますように何卒お願い申し上げます。

BLSコース

医療従事者のための、BLS(Basic Life Support)コースです。
気道異物の除去やAED(自動体外式除細動器)での除細動を学ぶことが可能です。
講義室での講義はほとんど行わず、実技実習を中心としたコースです。
受講者は少人数のグループに分かれ、実際に即したシミュレーション実習を繰り返し、蘇生のために必要な技術や蘇生現場でのチーム医療を身に付けます。

BLSコースの認定基準

  1. 実技を中心としたコースで、コース時間を90分以上確保する。
  2. 1グループ6名以下を標準とする。
  3. 認定コースディレクターがコースディレクターとなり、コースの質を保証する。
  4. 各ブースに1名以上の認定インストラクターがつき、各ブースの質を保証する。
  5. コース内容は、日本版ガイドラインの内容に準拠する。

※コース申請時には受講生の公募枠を設けることが望ましい。

コース開催(例)

開催日時 毎週水曜日 午後6時より午後9時00分まで
埼玉医大BLSメーリングリストにて御確認下さい。
インストラクターは開催5分前までに集合
募集人数 受講者12人(2ブース) ※1ブース6名まで
コース実行者 コース開催責任医師 1人(ICLS認定CD)
1ブースにつき   インストラクター1名(ICLS認定インストラクター)
必要物品 1ブースにつき
 レサシアン  1体
 AED-トレーナ  1台
 ポケットマスク  3個(インストラクターは持参)
 バックバルブマスク
コース時間 3時間00分 ※90分以上で実技中心であること
スケジュール 18:00〜18:15 導入(15)
18:15〜19:00 CPR(45)
19:00〜19:20 AED(20)
19:20〜19:30 休憩(10)
19:30〜20:10 CPR+AED(40)
20:10〜20:15 休憩(5)
20:15〜20:40 実技テスト(25)
20:40〜20:55 筆記テスト(15)
20:55〜21:00 修了式 (5)

このページのTOPへ