トップ 日本救急医学会 ICLS サイトマップ ログイン
インストラクター FAQ
Q1: 看護師や救急救命士も認定インストラクターになれますか?
回答: 医療職に携わる全ての方がインストラクター認定を受けられます。これまで、医師、看護師、救急救命士以外にも、臨床検査技師、歯科医師などがインストラクター認定を受けています。
※学部学生は、コース受講は可能ですが、インストラクターの認定申請はできません。 なお、当該ディレクターが認めれば、コース内でアシスタントインストラクターとして指導することは可能です。その指導歴は、医療職についた際のインストラクター申請にて、指導歴としてカウントすることは可能です。
Q2: インストラクター認定を受けるためには日本救急医学会員になる必要はありますか?
回答: インストラクター認定にあたっては、本学会員であるかどうかは問うていません。
Q3: アシスタントインストラクターになるためには、日本救急医学会認定ICLS コースを受講している必要がありますか?
回答: これまで全くコースの受講経験がない方は、以下のいずれかのコースを受講して下さい。
1 ) 日本救急医学会の主催ICLSコース、または認定ICLSコース
2 ) 日本循環器学会の主催コース、または認定コース
3 ) AHA ACLSプロバイダーコースなど、日本救急医学会認定ICLSコースの内容を網羅したコース
平成16 年4 月1 日以降に上記コースの受講経験があるか、平成16 年3 月31 日以前にICLS に準ずるコースを受講していれば、アシスタントインストラクター扱いとなります。
Q4: どのコースを指導するとアシスタントインストラクターとしての指導経験にカウントされるのですか?
回答: 日本救急医学会認定ICLSコースで指導していただくと指導経験にカウントされます。地域で開催されている1日コースの多くは認定基準を満たしていると思いますので、ICLSコースの認定を受けて指導経験とされて下さい。
Q5: 平成16年3月31日以前の指導経験はカウントできないのですか?
回答: 平成16年3月31日以前に開催された、ICLSに準ずるコースの指導経験もカウントされます。例えば、平成15年にICLSに準ずるコースを受講し、その後平成16年3 月31 日までに同様のコースで3 回指導している方は、3 回の指導経験になります。
また、インストラクター認定申請から漏れている方でも、平成16年3月31日以前の指導経験をもって認定基準を満たしていれば申請できますので、今一度当ホームページのインストラクター認定基準をご確認いただき、申請して下さい。
Q6: 平成16年4月1日以降に開催された、ICLS に認定されていないコースの指導経験はカウントできますか?
回答: 平成16年4月1日以降は、日本救急医学会認定ICLSコースでの指導をもって指導経験とします。コース認定は申請日の1年前の日付までさかのぼって申請できますので、認定条件をご参照の上、申請してください。
Q7: 指導者養成ワークショップは誰でも受講できるのですか?
回答: アシスタントインストラクターの資格のある方はどなたでも受講できます。平成17年2月までは受講資格を「日本救急医学会員」と限定しておりましたが、指導者養成ワークショップの認定制度が開始されたため、この受講資格を撤廃いたしました。個々のコースでの受講資格については、各地での事情がありますので、各コースでのご判断にお任せしています。
Q8: インストラクターの認定基準を満たせば、その日から認定インストラクターですか?
回答: 認定基準を満たしたあと、本ホームページ上から申請を行っていただく必要があります。申請後は毎月末締めで翌月に各地区担当委員が認定審査をいたします。認定審査の結果は登録したメールアドレスに届きますのでご確認下さい。
Q9: 指導者養成ワークショップの指導経験は、アシスタントインストラクターとしての指導経験にカウントされますか?
回答: 指導者養成ワークショップの指導経験は、アシスタントインストラクターとしての指導経験にカウントされません。
Q10: インストラクター申請をしたが、内容の変更をしたい
回答: トップページの「インストラクター申請」より受付番号を入力し、データを呼び出すことで修正が可能です。
Q11: インストラクター申請の際、コース認定番号を打ち込むとエラーがでる
回答: 認定番号が誤っている可能性があります。コースディレクターにお問合せの上、ご確認をお願いいたします。
Q12: インストラクター申請が出来ているか確認して欲しい
回答: 申請後に「インストラクター申請受付の通知メールです」が配信されますと正常終了しております。
確認できない場合は、再度ご申請又はicls-sys@icls-web.comまでご連絡ください。
Q13: ICLSコースの受講証・指導証明書等証明書を発行して欲しい
回答: 受講証・指導証明書はコースディレクターのみ対応が可能です。
お手数ですがコースディレクターにご連絡をお願いいたします。
ICLS運用部ではお引き受けできませんのでご了承ください。
Q14: インストラクターに登録された場合、登録料などはかかるのか
回答: 登録費用等は発生しません。
Q15: 認定証を再発行してほしい
回答: 平成25年4月1日より、ウェブサイト上の会員専用ページから取得が可能となります。郵送でのご送付も承りますが、有料となりますのでご注意ください。
Q16: 新たにインストラクターの認定申請を行う場合の指導者養成ワークショップ参加必須とあります。これは、3回の指導経験とは別に、指導者養成ワークショップを受講している必要があるということでしょうか。また、指導者養成のワークショップを受けていれば、3回の指導経験がなくてもインストラクターに認定申請できるということでしょうか。
回答: 新たな申請制度では、新規の認定インストラクター資格の申請につきましては指導経験とは別に指導者養成ワークショップの受講が必須となります。また、指導者養成ワークショップを受講されても、3回の指導経験がないとインストラクター認定できないこととなります。
Q17: インストラクター申請したく、指導者養成ワークショップの公募を探しているのですが、公募がなく、受講ができません。他に代替できるコースはあるのでしょうか
回答: 指導者養成ワークショップは現在充足しているとは言えない状態です。そのため代替コースとして以下のコースも認められています。
例:日本循環器学会、AHA(ACLS, BLS, その他)、ISLS、PSLS、JPTEC、ITLS、JATEC、JMECC 等のインストラクターコース
Q18: パスワードがなくしてしまった
回答: 日本救急医学会 会員・非会員により再発行方法が異なります。
以下URLをご参照頂きお手続きをお願いします。
【再発行手続き】https://www.icls-web.com/icls/icls/attention.html
Q19: パスワード再発行ですが、メールや電話、海外への郵送は可能でしょうか
回答: パスワードにつきましては、メール・電話の回答は出来かねます。また、郵送につきましては国内のみとさせていただいております。
Q20: 以前は、救急医学会会員だったのですが、現在は退会しておりログインパスワードがありません。
回答: ICLSログイン用パスワードを有料にて発行致します。以下のURLよりお手続きください。
【手続き方法】https://www.icls-web.com/icls/icls/attention.html#password
Q21: すでにインストラクター、ディレクター資格をもっている人の場合、更新において何をしたらいいでしょうか
回答: 認定インストラクターは、2年に2回以上のICLSコースまたはICLS指導者養成ワークショップコースでの指導、認定ディレクターは、2年に2回以上のICLSコースまたはICLS指導者養成ワークショップ開催をおこなう必要があります。 更新回数をクリアした場合は、自動的に更新されるため特に更新申請は不要です。 なお、個人の更新期限日は、「ログイン」後、「個人情報変更」の下方部分に記載されております。
※資格更新は、コースディレクターから報告された参加者リストを元に、自動で行われます。
  有効期限終了日に、参加履歴が確認できない場合には、別途メール等で確認を行うことが有りますが、ご了承ください。
Q22: 新しい認定証は、どのように取得できるのでしょうか
回答: 平成25年4月1日以降は、会員専用ページからダウンロードできるようになっております。
Q23: 資格更新にあたり、資格更新時期が近づいたら何かお知らせなどはくるのでしょうか?
回答: 資格更新6か月前、及び2ヶ月前に資格更新要件を満たしていない会員に向け、資格更新要件が満たされていない旨のメールが配信されます。
Q24: AHAのACLSインストラクターですが、ICLSインストラクターになるために優遇措置はありますか?
回答: 優遇措置ではありませんが、通常「コースの受講+指導者養成ワークショップ+ICLSで3回指導+コースディレクターの推薦」で申請可能となりますが、ACLSのインストラクターであれば、コースの受講とワークショップは代用可能ですので、ACLSインストラクターは、「ICLSで3回指導+ICLS認定ディレクターの推薦」で申請可能となります。
なお、JMECC(日本内科学会認定内科救急・ICLS講習会)インストラクターについての措置はJMECCホームページをご参照ください。

このページのTOPへ