受講者の皆様へ

蘇生ガイドライン変更時には、コースの再受講をお薦めします(現在ガイドライン2020)。

What's New

24/07/02
Topicsに1件追加しました。
24/06/14
Topicsに2件追加しました。
24/05/10
Topicsに1件追加しました。
24/04/15
Topicsに1件追加しました。
24/04/03
Topicsに1件追加しました。
24/02/29
Topicsに1件追加しました。
24/02/16
Topicsに1件追加しました。
24/02/01
Topicsに1件追加しました。
23/12/22
Topicsに1件追加しました。
23/08/08
Topicsに2件追加しました。
23/07/07
Topicsに1件追加しました。
23/04/21
Topicsに1件追加しました。
23/03/29
Topicsに1件追加しました。
23/03/21
Topicsに1件追加しました。
23/01/20
Topicsに1件追加しました。
23/01/19
Topicsに1件追加しました。

Topics

24/07/02
コース申請画面およびコース結果登録画面の修正について
24/06/14
ICLSのコース結果入力画面のフリーズ解除と再フリーズの運用方法の変更について
24/06/14
重要)ICLSコース、ICLS指導者養成ワークショップの受講者最低人数について(2024/10/1申請分から)
24/05/10
保守・点検に伴うサービス一時停止のお知らせ(2024年05月23日)
24/04/15
期限内のICLSコース結果登録と、各自の認定資格の内容確認のお願い
24/04/03
ICLSインストラクター以上の資格者の指導回数の表示方法の修正について
24/04/03
海外でのコース開催および海外在住のインストラクター認定について
24/02/29
WSインストラクターの認定要件について
24/02/16
ICLSシステム 定期メンテナンス 曜日変更のお知らせ
24/02/01
【お詫びとお知らせ】ICLS指導者養成WSディレクター推薦にかかる誤りと、指導者養成WSディレクター認定の自動化について
23/12/22
冬期休業について
ICLS運用部(icls-info@icls-web.comicls-sys@icls-web.com)は12月29日~1月4日の間、冬期休業となります。
23/08/08
ICLS指導者養成WSディレクター/インストラクター制度に関連するページ、およびインストラクター、ディレクターの更新に関するページを追加しました
23/08/08
BLSコースとICLSコースの同時開催が可能となりました
23/07/07
夏期休業について
ICLS運用部(icls-info@icls-web.comicls-sys@icls-web.com)は8月11日~8月15日の間、夏期休業となります。
23/04/21
ホームページ全体の文言の修正を行いました
23/03/29
重要度の高いお知らせについてトップページにリンクを追加しました
23/03/21
<日本救急医学会代表理事交代に伴う認定シールの変更について>
23/01/20
システム障害の復旧のお知らせ
23/01/19
システム障害による一時利用停止つきまして
22/12/05
冬期休業について
ICLS運用部(icls-info@icls-web.comicls-sys@icls-web.com)は12月29日~1月4日の間、冬期休業となります。
22/07/04
夏期休業について
ICLS運用部(icls-info@icls-web.comicls-sys@icls-web.com)は8月13日~8月15日の間、夏期休業となります。
22/04/01
開催日より2週間を過ぎたコースの結果入力画面のフリーズ機能の運用開始のご連絡

過去のTopicsはこちら

インストラクター・ディレクター資格更新制度について ICLS指導者養成WS制度と新規Webシステムの概要 新しいICLS Web運用およびそれに伴うICLSインストラクター認定更新料の導入 新型コロナウイルスに伴うコース開催の判断について

過去のコース開催状況

Since 2003年4月

  2024年1月~ 認定累計
コース数 1978 46487
受講者数 20178 579238

2024年06月末現在

地区別の集計表はコチラ

詳細 ICLS指導者ガイドブック

GET ADOBE READER

PDFファイルをご覧いただくには
Adobe Readerが必要です。
上のボタンよりダウンロードできます。

日本救急医学会ICLSコース企画運営委員会は、日本救急医学会認定ICLSコースのコース認定、インストラクター認定、ディレクター認定の業務の一部を京葉コンピューターサービス株式会社(KCS)に委託しております。

このページのTOPへ